パートと聞くと、配偶者控除を受ける為にある程度セーブしながら控除内に収めて働いている人、というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

パートで働くには週に何日くらいは必要

パートで働くには週に何日くらいは必要

パートで損をしない働き方

パートと聞くと、配偶者控除を受ける為にある程度セーブしながら控除内に収めて働いている人、というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。でもなぜ控除内に収めると特なんだろうと疑問に思った人もいますよね。控除内であれば住民税や所得税が免除されるだけでなく、配偶者の所得税の対象となる給料から配偶者控除の38万円が差し引かれるため、節税にもなりとても魅力的なんですよ。

でも中にはフルタイムのパートでバリバリ稼いでいる人もいますよね。そんな人はみんな損をしているのかというとそういう訳ではありません。たとえ税金がかかろうがバリバリ働けば、所得はアップするので家計は助かりますし、条件を満たせばパートであっても有給休暇を取得する権利も与えられるんですよ。

では控除内に収めない場合は一体いくら稼げばお得になるのかというと、最低でも年間150万円以上稼ぐと控除を受けた場合の収入を上回ると言われています。その為もしも150万円を上回らないのであれば、仕事をセーブして控除内に収めた方が収入面ではお得ですよ。その為自分は控除内に収めたいのか、それともバリバリ稼いで少しでも収入を増やしたいのかをしっかり考え、パートを選ぶといいですよ。