家計を手助けする為に、主婦の方でもパートとして働きに出る方は沢山いらっしゃいます。

パートで働くには週に何日くらいは必要

パートで働くには週に何日くらいは必要

パートで働く時に覚えておく事

家計を手助けする為に、主婦の方でもパートとして働きに出る方は沢山いらっしゃいます。パートとして働く事が初めての方は、少しでも収入を多く得る為にパートとしての働き方を覚えておくと良いでしょう。この時の大きなポイントとなるのが夫の扶養範囲内で働く場合です。

この場合は給与所得控除65万円、基礎控除38万円を足した103万円以下で働く事によって所得税は掛かってきません。しかしお金を沢山稼ごうとシフトを多めに入ってしまい、103万円以上に達してしまうと所得税、住民税の両方を支払う事になります。こうなった場合に返って家計の年収が減ってしまう恐れもあるので気を付けて時間調整すると良いでしょう。

そして103万円以下を守る事によって、夫の節税にも繋がります。103万円以下であれば配偶者控除という制度を受ける事が可能となります。配偶者控除は夫に対して収入の少ない配偶所者がいる場合に限り所得税38万円と住民税33万円の控除が適応されます。これによって支払う税金が安くなり、家庭によっては数十万以上も節税できる事もあります。しかしこの103万円という壁を守っていると、いざお金が必要になった際などに困っていまう事もあります。臨機応変に対応できるようパートで働く場合はしっかり計画を立てておきましょう。